真壁造りの家
トップページ > 真壁造りの家

真壁造りの家

真壁とは、日本の伝統的な壁の納め方で、
柱や梁などを見せて納める壁。
主に和風建築及び和室の壁に用いられる壁仕様。

「真壁」と「大壁」の違い

木造軸組み工法での壁の納め方には、「真壁(しんかべ)」と「大壁(おおかべ)」2タイプがあります。
「真壁(しんかべ)」は、古くから日本の建築に用いられてきた壁のつくりで、柱や梁などの建物の軸組が表面に見えてくる壁となり、 「大壁(おおかべ)」は、柱や梁がパネルなどで覆い隠されて表面に見えてこないフラットな壁のことを言います。

真壁

大壁(おおかべ)は、構造部材をパネルなどで覆い、パネル内に配管なども通すことができますが、同時に断熱材も一緒にパネルで覆うことで、壁内部に湿気がこもりやすくなってしまいます。 大壁に対して真壁(しんかべ)は、壁や柱が呼吸することができ、室内の湿度調節の役割も果たしてくれますので、湿気の多い日本の気候風土に馴染みやすい壁と言えます。

真壁(しんかべ)は室内に木材の構造部材が見えてくるので、住まいが木の温かみと香りに溢れ、存分にリラックスできる空間となります。 さらに、構造部材の木材に合わせて、床材や天井材、さらには家具まで素材として木材を選びやすくなり、木に囲まれたインテリアにしたい方にはおすすめです。

家はは長く住み続けると、色々な箇所に不具合が生じてきます。
大壁(おおかべ)の場合、柱の状態がどうなっているかは壁を開けてみないと分かりませんが、真壁(しんかべ)であれば、柱など木材の構造部材が見えているので、いつでも状態を確認することができます。

樹香りの家 ラインナップ
Lineup

TOP